1. 身体のトラブル解決に!海外医薬品通販の有効活用   >  
  2. 個人輸入の注意事項

個人輸入の注意事項

注意事項を確認

海外医薬品通販のサイト運営を行っているのは、「個人輸入代行業者」と呼ばれる人たちです。
個人輸入は誰でも行うことができますが、信用できる海外メーカーや店舗を探してアイテムを選別し、実際に購入の手続きを行っていくのはなかなか難しいもの。
「個人輸入代行業者」がいることで、海外メーカーとのコネクションや外国語の知識がなくても誰でも手軽に海外医薬品を購入できるようになりました。

海外医薬品通販はとてもカンタンで便利なものですが、医薬品の個人輸入には守るべきルールがあります。

・個人で使用することを目的としてのみ輸入可能、家族や友人への譲渡禁止
・医薬品・医薬部外品の輸入量は、用法・用量の2ヵ月分以内
・外用剤・化粧品の輸入量は、1品目24個以内(標準サイズ)

などは、特に気をつけておかなければなりません。
また、偽造品の国内持ち込みは禁止。輸入品が偽物であった場合は、処罰の対象となります。
こういった規則を守り、日本の薬事法を遵守している個人輸入代行業者でないと、信用できるとは言えません。
個人輸入を代行してもらうということは、医薬品購入の責任は購入者にもあります。ルールを正しく理解することが信用できる通販サイト選びにつながり、安全な医薬品の入手に役立つということを知っておきましょう。

また、服用の際にも注意が必要です。医薬品には1類から3類まであり、日常生活におよぼす影響の大きさから副作用の程度が異なります。
服用方法や適量を守ること、副作用をきちんと理解しておくこと、自分の体調などもしっかり考慮して、安全な服用を心がけていきましょう。